愛される女になるための4つの条件とは?

「脈ありと思ったのに、いざデートしてみたらその後の反応が悪くなってしまった」
「せっかく彼氏ができても、なぜか長続きしない。どうしたら愛される女性になれるの?」
自分から相手を好きになることはできても、上手に愛されるコツがよく分からないという女性って、意外に多いのではないでしょうか?
実はあることを意識して行動することで、誰でも女性は劇的に愛され上手に生まれ変わることができるのです。
それは「おもてなしの心」です。
具体的にはどのような点に気をつけて行動すればよいのでしょうか?

ターゲットを分析する

おもてなしの上手なお店は、客層を絞っています。
若い女性向けのラーメン屋さんで油ギトギトの美味しいスープを開発しても、嗜好がターゲットに即していなければ人気は出ませんよね。
それと同じように、恋愛においても相手を喜ばせたいと思うならば、自分本位の尽くし方ではなく、相手に沿った尽くし方が必要です。
意中の男性が仕事に情熱を注いでいるなら、業界について興味がある姿勢をアピールし、男性自身から話しを聞いて「僕の内面にも興味を持ってくれるんだな」と感じてもらいましょう。
趣味でサッカーに詳しい男性であれば、一緒にサッカートークで盛り上がれるようサッカーについての本を読んだりTV番組を観るなどして勉強をしてみるのもよいでしょう。
男性は自分に好感を抱いている女性のことを、段々可愛らしいと思う傾向があります。
いじらしく男性に寄り添う姿勢を見せれば、きっと愛おしいと感じてもらえるはずです。

見た目を磨く

「外見よりも、中身を愛してほしい・・」と考えてしまうのが女心ですが、やはり恋愛において外見を磨くことはとても重要です。
逆の立場に立ってみて「俺の中身を愛してくれ!」と髪はボサボサ、無精ひげで冴えないファッションの男性がいたとしたら、ちょっとやる気を感じなくて淋しいですよね。
逆に、ずば抜けたイケメンでなくても、小ざっぱりとした清潔で品のある身なりをしている男性なら性格まできちんとしていそうで素敵に感じるはずです。
同様に、女性も顔や骨格そのものの造形を変えることは困難でも、努力でいくらでも外見を変えることはできます。
男性の好みのタイプや好きな女性芸能人などをリサーチして、近い印象を演出することは十分可能です。
髪型や髪色、メイク、アクセサリー、ファッションの工夫ならすぐにでもできます。
また、長期的には運動で身体をシェイプアップして理想的な体型を目指すことも効果的です。
「私は美人じゃないから・・」と卑屈に考えてしまうのは、表情まで暗くなってとてももったいないことです。
普通の女性でも、自分なりの最高の状態を目指すことで驚くほどきれいになれます。
彼の喜ぶ姿を想像すれば、楽しくとりくめる「おもてなし」でしょう。
自信は表情や性格まで明るくしてくれ、愛される女性になることができます。

コスパのよい女性になる

コスパと聞くと「えっ?お金の話?」と思ってしまいますが、お金に限らず「費用対効果」を意識することは、実は愛される女性への近道です。
ほとんどの男性はとても優しい思考の持ち主で、常に「女性が喜んでくれたら嬉しいな」という考えを持っています。
一緒に過ごした女性が喜んでくれるのは、男性にとっての大きな成果なのです。
男性は女性に時間を使い、お金を使い、手間をかけてお店を調べ、一生懸命喋ります。
その努力に見合うだけの「喜んでくれた」という気持ちを表現すると、男性はとても嬉しい気持ちになり「もう一度この子に会いたい!もっと喜ばせてあげたい!」と感じるのです。
具体的には、会えると決まった時に喜ぶ、会えるまで楽しみだと伝える、会って喜ぶ、デート中は「楽しい」「美味い」「嬉しい」などの言葉を意識して伝えるのが良いでしょう。
笑顔という報酬が予想以上に得られれば「コスパのよい」女性となり、男性を幸せな気持ちにして愛される女性になることができます。

喋りの力

男性は、女性が思っている以上に繊細な心の持ち主です。
仕事で重要なポジションを任されたり、重要なプレゼンの前、また、仕事で失敗してもうだめだというときに心の支えを求めています。
専門外のことなら、問題そのものを女性が解決する必要はありません。
ただ、励まし自信をつけてあげることが男性の大きな力になるのです。
根拠はなくてもいいので「大丈夫、あなたならきっとできるよ」と言ってみましょう。
「頑張って!」は重圧になることもあるので「何もできないけど、いつでも応援してるから」と伝えてあげましょう。
力がみなぎり、男性はポテンシャルを発揮することができます。
そしてあなたは彼にとって無くてはならない存在になることができます。

おわりに

愛されるための「おもてなし」の心を保つには、男性を喜ばせたいという絶対的な愛情を女性自身が持つことが重要です。
「女性は男性に尽くしてもらえるもの」という考えはいったん捨ててみて、彼の素敵なところに着目して加点法でモチベーションを上げ、愛され上手でハッピーな女性を目指してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です